もくもくパワー!

職業訓練と書評のブログ。建築の勉強を始めました。

通信制の学校ってしんどいね。N高はすごい【モチベーション続かない。卒業まで持たない】

〈スポンサーリンク〉

 

通信制の学校で建築について学んでいます。
単位制で今のところ何とか単位を落とさずにいます。
追試で拾った科目もあるけど大目に見て。しょうがないじゃない。文系なんだから。

高卒認定通信制

高校生の頃に学校(全日制の普通科)が本気で嫌になり、高卒認定試験や通信制高校への編入を調べたことがあります。

遠くの本屋さんまで、雨に打たれながら高認の問題集を買いに行ったことを今でも覚えています。傘を忘れてしまって、問題集が濡れないように上着の下に入れて歩きました。ちょっと惨めな気分でしたね。レールから外れてしまうような....。普通のことが普通にできないような.....。

結局ストレートで全日制の高校を卒業しましたが、精神的には不安定というか居心地の悪い3年間ではありました。卒業証書をもらうために我慢して通ったことは今の自分にとって財産にはなっているとは思いますが、中身の薄い3年間になってしまったことは否めません。大学受かったし、履歴書汚さずに済んで結果的には良かったんでしょうが。

履歴書汚したくない。早く卒業証書よこせ。の2つしか頭にありませんでした。なんとも寂しい高校生活.....。

それに当時の自分が通信制高認経由の大学受験が出来たとは思えません。

私の地元にある公立の通信制高校は4年制で自宅で教科書を読んでレポート(という名のプリント教材)を郵送するスタイルでした。

絶対溜め込むし。無理無理無理無理無理無理。

一人で勉強するのは大人でもしんどいです。
気がついたら溜まっているレポートや製図課題、eラーニングの未視聴授業....。

叩かれてるけどいいんじゃない?

通信制高校は昔から関心がありN高のことも気になってはいました。

mokumokupower.hatenablog.com

1期生(編入でない3年間学んだ生徒)も卒業したようで。

https://nnn.ed.jp/news/blog/archives/7479.html

2018年度卒業生は編入学生・6月、9月、12月卒業生と合計で1,593人だそうです。

公式ホームページのニューストピックスに「2016年4月時のN高等学校 生徒数1,482。」とありました。

年間4回の編入時期があり、実際のはっきりした卒業率は分かりませんが通信制にしては脅威的な数字ではないでしょうか?

「脱 ふつう」なんて煽るようなキャッチコピーつけちゃったから叩かれてましたけど、公式ホームページやドワンゴの川上さんのインタビュー記事を読む限りカリキュラムや教育へのアプローチは割とふつうというか、一般的な通信制より顧客志向だなって感じです。
「全員は救わない」と言い切ってしまえるのはふつうじゃないかも。他の高校だったら炎上するかも。↓

https://toyokeizai.net/articles/-/242197

いままでの通信制高校って「単位が取れるように各自努力するように。できなきゃ卒業証書はやらん」みたいなスタンスのイメージがあったんで。競争相手がいないからそれでも通用するんですよね。
他に行くところないんだろ?高卒になりたいんだろ?みたいな。だからこそサポート校と併用する人が多いのでしょ?二つ学校通う訳だから学費もかさむだろうと思います。高校生だった私が通信に移るのをひるんだのもそれが理由です。全日制は通ってさえいればとりあえず卒業はさせてくれますから。

 

社会人になって通信制で学ぶことになり、改めて通信制の可能性やN高について考えました。

 〈スポンサーリンク〉

 

2年生に進級できました。【そろそろ建築士試験の準備が必要】

〈スポンサーリンク〉

 

卒業することに意味がある

サラリーマンをしながら建築の専門学校に通っています。
ようやく1年次が終わりました。

やっと成績表が届きました。毎回遅いよ。
単位は落とさずに済みました。成績は割とひどいです。
でもいいや。卒業することに意味がある。
単位制の学校なので落単=卒業が延びるというわけではないのですが、2年生のほうが課題や講義内容が重いので最短年限で卒業するためには単位を落としてはいけません。

スクーリングに振り回される一年はきつかったです。また綱渡りな一年が始まります

絶対に3月で卒業したい.....。こんな生活は何年もはやってられません。
体力持たないし、なるべく若いうちに建築士試験に受かりたい。

交通費と宿泊費だけでも相当かかってます。

時間とお金をかける価値があると思ってやっていますが、徹夜で図面を書かなきゃいけない時とかは「私は何をしているんだろう....?前に進めているんだろうか....?」という思いに駆られます。
書いても書いても終わらなくて気が狂いそうになります。笑

 

働き方改革の流れがわずかながら我が職場にも来ておりまして、昨年度よりも休みが取りやすい空気になってきているのが救いです。

学科試験の準備

2年生では建築法規や施工、設備など二級建築士の試験内容に入ってきます。

法令集も買いました。まだインデックスやアンダーラインが済んでないです。意外と時間かかりますね。試験日までに手に馴染ませないといけません。こんなんで大丈夫なんだろうか。

ようやく専門課程らしくなってきました。長かった。

授業で学ぶことは試験範囲の初歩の初歩だそうです。レベルが初心者向けで相当低めなのはeラーニングで学んでいてなんとなく分かります。

ただ学科試験までは独学で進みたい....。だって予備校高いし。学科と実技の両方で予備校に通い詰めたら一体いくらかかるのか。

日建も総合資格学院も通える場所にはあるので模擬試験だけ利用させてもらうつもりです。

まずは2か月後の中間試験に向けてeラーニングを進めます。

〈スポンサーリンク〉

 

 

 

社会人学生1年目を振り返る【仕事や勉強や読書や資格】

〈スポンサーリンク〉

 

あけましておめでとうございます。

地元に帰省中です。

製図板と一緒に。

真面目系クズ学生の鏡ですね。

部屋が寒すぎるのと仕事で疲れてしまってやる気が出なかったのとで製図の課題が終わりませんでした。

あーあ。

荷物多すぎてタクシー使いました。
トランクケースに図面ケースに製図板抱えてリュック背負ってましたからね。
絶対転ぶし。

そして未だに課題に取り掛かってません。
なんのために持ってきたの?ねえ何の為なの?筋トレしてんの?

明後日までには何とか図面一つは完成させたいです。
矩計図と別荘の設計計画の平面図と配置図があります。

やれ。

昨年一年間の出来事を軽くまとめます。

仕事

まあいつも通り。仕事内容は変わり映えのない感じで。
ただ建築の勉強を少しずつ重ねているおかげなのか現場の人の話とかが(一部だけど)分かるようになってきましたね。知識が欲しい。

勉強

専門学校のほうは前期は単位を落とさずに済みました。追試もなしです。
テスト勉強頑張ったからね。科目履修生の時にテストを受けて形式を知っておいたのが良かったのかもしれません。

製図の課題は溜めたあげく仕事から帰ってきて徹夜で仕上げてなんとかスクーリングに持っていく、という愚行を繰り返したのでキツかったです。

手書きの製図ほんとに嫌いです。やるしかないんだけども。

映像授業のほうは全部受講して課題提出も終えました。
やれるところから手を付けていかないと留年してしまう。

CADの講義や課題はもうちょっとボリュームあってもいいかなって感じです。いずれ実務で使うことを考えると物足りない。

私の通っている通信制専門学校はCADはjwしかやらないのですが、AutoCADも触ってみたいです。仕事で使うならこっちだし。操作性とかどんな感じなんだろう?似てるんですかね?お金をかけずにAutoCADを勉強する方法なにかないだろうか....。学校の課題が落ち着いたら探してみよう。

読書

読んで面白かったのは

・2025年の建築「新しいシゴト」(HEAD研究会フロンティアTF)
・建築の大転換 増補版(伊藤豊雄・中沢新一)

・サピエンス全史上下(ユヴァル・ノア・ハラリ)
・銃・病原菌・鉄(ジャレド・ダイアモンド)
・30の「王」から読む世界史

・これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講

・死ぬこと以外かすり傷(箕輪厚介)
・日本再興戦略(落合陽一)
・人生の勝算(前田裕二)

・悪魔の勉強法(佐藤優)
・牙を研げ 社会を生き抜くための教養(佐藤優)

・やらない理由(カレー沢薫)

こんな感じです。

建築や世界史関係は数じゃなくて骨太なやつを選んでじっくり読んでいきたいですね。
軽いやつは読んでも自分の中に残んないんですよね。

「2025年の建築「新しいシゴト」」は建築を学んで、それを直接活かしたり活かさなかったり、いろんな働き方をしている人の事例が載ってます。今、建築を学んでいるなかでそれをどんな形で仕事に繋げるかを考えるのにいい本です。ゼネコンや設計事務所で働くのだけが建築士じゃないですからね。

カレー沢薫の「やらない理由」はとにかく面白くて共感できます。
この著者は言葉選びが天才的だと思う。心に刺さる笑いが欲しい時にはぜひ。

資格

・ビジネス実務法務検定2級

・商業施設士補

の2つを取りました。

mokumokupower.hatenablog.com

mokumokupower.hatenablog.com

ビジネス実務法務検定の2級は割と難しくて結構本気で勉強しました。
感想としては「不動産の取引って難しくて怖いなあ」って感じです。
積水ハウスの地面師詐欺事件のニュースを見て余計そう思いました。おっかない。
もう一度受験するのは勘弁してほしかったので受かって良かったです。

商業施設士補は講習会で話聞いてれば大丈夫です。落ちる人は寝てる人です。
補になったことで来年度から商業施設士の受験資格も発生するようなんですが、多分受けないと思います。余裕ない。

あとちょうど今日「CAD利用技術者試験基礎」に合格しました。
せっかくの長期休暇のうちにCADの知識をおさえたかった。
買ったテキストが2005年から改訂されていない化石みたいなふざけた本で、苦戦しましたが合格しました。

振り返ってみると手抜きも多かったですが、何とか走り通せたかなと思います。

今年も引き続き学業への熱を持って仕事も続けていきたいです。

 〈スポンサーリンク〉

 

専門学校1年後期に入ってました。商業施設士補の講習も受けました。

単位は取れた。製図が嫌い。

建築の専門学校の本科1年生になって8か月が経つところです。

eラーニングとスクーリングと課題の提出は何とかこなしてます。
前期の成績通知書もけっこう前に届きました。ぱっとしない成績ですが単位は落とさずに済みました。ふう。単位が取れればいいんです。受験資格をもらうために学んでいるのだから。強がりではないです。ほんとです。

建築の勉強以外だと世界史の本をよく読んでます。
サピエンス全史の下巻、YouTubeで授業やってるムンディ先生の世界史の教科書「30の「王」から読む世界史」、と読んできて今はジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」の上巻を読み進めてます。

世界史の勉強なんてしてる場合じゃないんだけどね。

図面を書くのが嫌いすぎて課題が進まない、やる気がでない。

今時手書きとかさあ....。仕事としては絶対に使わないスキルだよね。必要とされないと分かっているスキルを(しかも自分がやるの嫌い。不器用なんで。)身に付ける練習って一ミリもやる気しないです。

講師の先生たちも言ってます。現場ではまず手書きなんてしないって。

でも手書きで図面が書けないといけない。なぜなら建築士の試験の実技が手書きで製図をする試験だからです。
どう考えても時代錯誤なので試験制度を変えようという話も運営団体等でもあるみたいなのですが、試験会場や設備のことを考慮するとCAD(ざっくり言うと図面を書く用のパソコンのソフトのことです)の試験に切り替えるのは現実的ではないのだそうです。しばらくは無理っぽい。

じゃあCADなら書けるのかよと言われるとCADも初心者で苦手です。ただ、とっても合理的というか効率良く作られているソフトなだけあり、手書き製図が大嫌いな分マスターしたいところです。というか覚えなくては仕事はありません。

昨年度に科目履修生として取っていた単位があるので今学期は他の人よりも余裕があるはずではあるのですが、仕事がバタバタしているせいもあって余裕感は今のところないです。

クラスメート達のモチベーションの高さには圧倒されます。現場で何年も経験を積んでる人とかもいて。

商業施設士補になりました。

通っている学校が商業施設士補の資格が取れる認定校であり、せっかくの機会なので講習会を受けてきました。正確には専門学校卒業をもって資格取得らしいのですが、商業施設士も在学中に受験できるようです。

商業施設士資格とは

商業施設士とは、生活者が日常利用しているあらゆる商業施設の、運営管理システムや店舗の構成・デザインなどを総合的に計画し、監理まで行なう優れた専門家です。商業施設は、今や私たちの日常生活と密接に関わっています。 生活者のニーズの多様化、個性あるライフスタイル、高齢者や障害者の安全、安心な暮らし、ゆとりや楽しさ、快適さの追求など、日々変化する新しい生活スタイルに対応するため、商業施設は大きな変革の時代を迎えています。街を活性化するための再開発、新たな業態へ転換するための改装やリニューアルを進める上で、その主役は常に商業施設であり、街づくりの顔となるものです。

 

先進的な商業施設のイメージ、店舗の空間構成等の企画、店内外の装置や設備、コーディネイトやデザイン、ディスプレイ等の設計、さらに施工や監理まで。商業施設士は、楽しく安全な街、情報の行き交う賑わいのある街、そして地域の文化、歴史、風土などを活かした、豊かで質の高い街づくりを具体化することを求められる社会的に大きな役割を持つ職種です。

 

私たち「社団法人商業施設技術者・団体連合会」は、資格認定事業を通じてこれら店づくり、街づくり全般に必要な専門知識や技術を有すると認める者に対して「商業施設士」の称号を付与し、プロの専門家育成を推進しています。

www.jtocs.or.jp

多分講習会の教室で私が最年長でした。みんな若い子ばっかりでちょっと気まずかったです。講習会の修了考査は講義を聞いていれば難なく受かる内容です。居眠りしなければ大丈夫。

ただ、普段は専門学校では低年齢層に入っているのでたまには年下に囲まれて焦るものいいかなと思いました。焦燥感がやる気につながればいい。

f:id:mokumokupower:20181124202418p:plain

2年生になったら本格的に二級建築士試験の準備も進めなくてはなりません。
学科のほうは独学でなんとでもなると思いますが、製図は予備校に通うしかないかもしれません........。

あと一年四か月程、なんとか留年や休学せずに済むように頑張ります。

 

【受験体験記】第43回ビジネス実務法務検定2級を受けてきました。勉強法とか。

〈スポンサーリンク〉

 

7月1日(日)にビジネス実務法務検定の2級を受験してきました。

※8/13追記 無事合格してました。合格率は35%だってさ。

検定の概要や3級については↓の記事で書いてます。

mokumokupower.hatenablog.com

mokumokupower.hatenablog.com

 3級はものすっごーーーく簡単でした。常識があれば問題集を軽くさらうだけで受かる。2級は合格率が回によってバラバラなんですが、年平均で合格率は30~40%くらいです。

「2級は嫌だ受けたくないよヤダヤダ」って書いておきながら、しっかりと準備と勉強を重ねて受験してきました。受けるからには受かりたいし。落ちて嫌味言われたりとかも考えるだけでゾッとするし。受験料もったいないし。

あと法律分野の勉強って正直あんまり興味が持てないのでサクッと合格して終わらせてしまいたかったので。
だって所詮はルールじゃない。人間が複雑な社会を効率的に機能させるために作った小難しいルールなだけでしょ。(世の中を舐めたゆとりの意見だと思ってください)
法務の仕事をするのであれば飯の種だから本気で学ばないとダメなんだろうけど仕事で一切使わないからねえ。

試験範囲

3級の内容が発展してよりややこしく小難しい感じになっています。
マークシートの選択問題で40問でます。試験時間は2時間です。100点満点で70点以上が合格。

1.企業取引の法務
 ・ビジネスに関する法律関係
 ・損害賠償に関する法律関係

2.債権の管理と回収

 ・債権の担保
 ・緊急時の債権回収
 ・債務者の倒産に対応するための処理手続き

3.企業財産の管理・活用と法務

 ・流動資産の運用・管理の法的側面
 ・固定資産の管理と法律
 ・知的財産権の管理と活用

4.企業活動に関する法規則

 ・経済関連法規
 ・消費者保護関連の規制
 ・情報化社会にかかわる法律
 ・事業関連規制
 ・企業活動と地域社会・行政等とのかかわり
 ・企業活動にかかわる犯罪

5.株式会社の組織と運営
 ・株式会社のしくみ
 ・株式会社の運営

6.企業と従業員の関係
 ・労働組合と使用者の関係
 ・労働者災害補償保険法(労災保険法)

7.紛争の解決方法
 ・紛争の予防法
 ・民事訴訟法
 ・その他の紛争の解決方法

8.国際法務(渉外法務)

 ・国際取引に関する法的諸問題と対応のポイント
 ・国際取引に関する個別の法的諸問題

パンフレットからの抜粋です。
こうして見ると膨大な範囲のようですが、実際は試験に出るところ、出やすいところが決まっていて、そこを抑えて効率的に勉強するのがコツです。
資格試験全般に言えますが、全部やろうとしないのが大事。

勉強方法

テキストや公式問題集は範囲が膨大で分厚いのですが、実際には試験に出るところは限られています。過去問を何回分か解くと分かるのですが、似たような問題が何度も出題されています。問題使い回してるのかな?って思ったくらいです。

テキストはパラパラ最低限読むだけか、辞書的に分からないところにぶつかった時に調べるような使い方をして、問題集と過去問に早く取り掛かるのが効率的に合格するポイントです。
問題集を一周してから、過去問を繰り返し解いて、出来ないorよく分からない問題が出てきたら解説をしっかり読んで、問題集で似たような問題を探して解いて、もう一度過去問へ...というのが一番良いやり方な気がします。

①まず基礎固めのために公式問題集を一周しました。

f:id:mokumokupower:20180708164703p:plain

②全部持ち歩くのはカバンが重くなりすぎてダルいので章ごとにバラバラにしました。これおススメです!!ブックオフとかには売れなくなっちゃうけど。分割すると学習進度も見えやすくなります。

f:id:mokumokupower:20180708164802p:plain

③テキストは公式のものは高いうえに分かりにくかったのでこれにしました。けっこう読みやすくてよかったです。精読するのではなく、辞書的な使い方をするのがおススメです。

f:id:mokumokupower:20180708164915p:plain

④公式問題集には過去問は3回分しか付いてなかったので、TACの「法律資格合格応援サイト」から過去問を拾ってきてその分も解きました。※回答は載ってませんが、回答だけは東京商工会議所のホームページのほうにあります。
解説はどこにも見つけられなかったので手持ちのテキストで確認しました。

f:id:mokumokupower:20180708165742p:plain

houritsu.tac-school.co.jp

テキストを1ページ目から丁寧に読んでいくのはやめましょう。要領悪いです。

試験に出題されやすいところは限られています。

時間がかかりすぎて挫折します。試験日は決まっています。

過去問でよく出題されるところ

・代理商、仲立人、倉庫寄託契約
・抵当権、担保権、保証契約
・特許権、実用新案、著作権
・消費者契約法、クーリングオフ、下請法
・会社法、民事再生法、破産法
・労災法、労働組合法
・和解、調停、民事訴訟法
・準拠法

このあたりが頻出です。

試験日

地域の商工会議所で受けてきました。

どうでもいいことなんですが、その日は体調が絶不調でお腹痛すぎて、問題文速読して途中で退席しました。(問題はしっかり解ききりました)

ネットの回答速報で丸付けしたらちょうど80点でした。多分合格しているはずです。

感想

集計してないのですがおそらく30から40時間くらいはこの検定のために勉強しました。とりあえず合格できていそうでホッとしています。

勉強してて途中から2級は3級と違ってガツガツやれば受かるとは言えないレベルの試験であることに気が付いたので効率よく取り組むことを意識してました。

なかなかモチベーション上がらなくて苦労したのですが、2級なら履歴書に書けるし、会社からも奨励されているし...と自分に言い聞かせてました。こうしてブログのネタにもできましたし。

無事に終わったので、自分の好きな建築や世界史の勉強に戻ろうと思います。

〈スポンサーリンク〉

 

20代で達成したい勉強計画【建築学と世界史】

〈スポンサーリンク〉

 

仕事や恋愛、学生時代の受験のための勉強と違って、自分で好きなことを好きなようにコントロールして学べる社会人の勉強って楽しいです。ストレス発散にもなります。

仕事や恋愛は他者が関係するからなかなか思うようにならなかったり、理不尽なこともあったりするし、受験勉強は受験先の学校の要求することを勉強します。得られることも多いけれど、ままならないことも多いです。

 

就職してしばらく経ち、生活の経済的な基盤やリズムもやっと安定してきました。

自分のためだけに多くの時間を使うことのできる20代のうちに達成したい勉強関係の計画が自分の中で固まってきました。すぐには達成できないものもあり数年計画です。

やる気を出すためにもブログに書いていこうと思います。

①専門学校を卒業し、建築士の受験資格を得る

f:id:mokumokupower:20180624103958p:plain

できれば留年はしたくない。多いらしいけど。留年しちゃう人。卒業が遅れると当然ながら受験資格を得るのも遅れてしまいます。学費もその分かさんでしまうし。

レポートなんかは通ればいいので効率性を重視して単位を取っていこうと思います。

 ②建築士になる

f:id:mokumokupower:20180624104550p:plain

今後の仕事のキャリアを考えてのリスク対策と自分の専門と呼べるものが欲しいのとあとまちづくりとかに興味があってなんらかの形で関わりたいなと思っているので。

建築士の資格さえあれば仕事が取れる...とは思ってないです。

オリンピック需要で好景気の今でさえ、企業側が欲しがっているのは建築専攻の新卒と経験者。専門学校には資格を取れば未経験でも在宅でも仕事が取れると思っているフシのある同級生もいますが....そんなに甘くはないはずです。

学校説明会でちゃんと現実を伝えているんだろうか....?多分伝えてませんね。志願者減るだろうし。建築ってクリエイティブ業界のなかでもトップクラスでブラックなんですが?建築事務所って下手したら最初無給で無休だったりするらしいし。

最近建築士の受験資格を緩和する話が持ち上がっているようですが、周りの会社を見た感じでは、建築士の有資格者の人数自体は足りないわけではなく、実際に設計・施工を行う人の中に有資格者が少ないみたいです。なぜなら忙しすぎて勉強時間が取れないから。下手したら寝る時間も足りてないから。有資格者の中には設計・施工のブラックぶりをよーくご存じの方も多く、倦厭して現場から離れた業務についている人も多いんですね。

tech.nikkeibp.co.jp

www.kensetsunews.com

③インテリアコーディネーターと商業施設士補の資格取得

通っている専門学校これらの資格に準拠したカリキュラムを持っているので在学中は無理でも卒業後数年以内に建築士を無事に取れたら取りたい。

インテリアコーディネーターについては試験内容が建築士と被っているところも多いみたいなので内容を忘れないうちに受けるのがいいと考えてます。

商業施設士補は講習会を受けるだけでもらえるみたいなので学校経由の手続きを忘れなければ大丈夫。

 ④世界史の勉強

建築の勉強をしていくなかで特に建築史に関心が湧いてきました。ただ建築史の勉強を深めていく前に建築士の受験資格を得るための建築全般の勉強と世界史の勉強をしていきます。
基礎的な建築史の内容は専門学校でやっているのですが、それ以上のことは今やっても頭の中で有機的に繋がっていかないので専門書読んだりとかはしません。
そもそもの建築の知識や世界史の知識がないとよく分からないので。

 高校時代世界史をやっていなかったもので、今はYouTubeで高校の世界史の授業を聞いて勉強しています。ある程度進めたら歴史能力検定でも受けてみようと思います。2級以上が高卒認定試験の科目免除の対象らしいので目標は2級で。

あと世界遺産検定も受けてみたい。ネットで調べた限り結構簡単らしいので次の9月の試験申し込もうかなっと思ってたらスクーリングと日程が被りました。出席がギリギリなのであきらめるしかない。あーもう。いつか受けます。

www.rekiken.gr.jp

www.sekaken.jp

社会人の場合、学生と違って分かりやすい目標がありませんし、なくても日々の暮らしには困らないのですが、なんか生活に張り合いがなくて寂しいですよね。「定年までつつがなく働く」という目標は漠然としすぎだし、スパンが長すぎてしっくりこないし......。ブログと読書も趣味としては楽しいのだけれど、それだけだとなあ....と思っていた時期がありました。建築と世界史の勉強をすると決めてからは将来に対する漠然とした不安がちょっと軽くなった気がします。

没頭していると不安は消えていくものですね。

〈スポンサーリンク〉