もくもくパワー!

職業訓練と書評のブログ。注意力3万の事務屋が書いてます。最近専門学校で建築の勉強を始めました。

スクーリングでショールーム見学してきた【建築の学校】

〈スポンサーリンク〉

 

もう昨年のことですが、科目履修生をやっている学校のスクーリングでショールーム見学に行ってきました。
建築に使う材料や資材について実際に見て学ぶためです。
2箇所のショールームで案内スタッフさんの説明を聞き、商品の写真を撮ったり、メモを取ったりして後日ウェブでレポートを提出し単位をもらいます。

なかなか為になる機会でした。振り返ってまとめていきます。

①始発の次の電車で最寄り駅へ

遠方にあるショールームの最寄り駅が集合場所に指定されていたので、始発の次の電車で向かいました。休日ですが頑張って早起きしました。

眠い。気合で自分を叩き起こしました。

②サンゲツ品川ショウルーム

www.sangetsu.co.jp

一か所目はインテリアの専門商社であるサンゲツの品川ショウルームです。

 壁紙や床、カーテンなどを案内係の方に紹介していただきました。あとは新素材で出来たガラスやテーブルなども。

細かい機能面の説明は理科的な内容が多くて、理解が追い付かないところもありました。光の反射の度合いとか、単位とか.....。汚れに強いだとかはなんとなく感覚で分かるんですが、感覚ではなくてキチンとなぜ強いのかを理屈で説明できないくてはいけませんね。

あと授業とは直接関係ありませんが、コンセプトに沿ったショーケースが展示されていて見ていてとても楽しかったです。こういうのって見てるだけで楽しいんですよね。

f:id:mokumokupower:20180204141910p:plain

f:id:mokumokupower:20180204143140p:plain

f:id:mokumokupower:20180204142346p:plain

f:id:mokumokupower:20180204142617p:plain

f:id:mokumokupower:20180204142950p:plain

f:id:mokumokupower:20180204142452p:plain

③パナソニックリビングショウルーム東京

sumai.panasonic.jp

二か所目はパナソニックのリビングショウルームです。

f:id:mokumokupower:20180204143323p:plain

こちらのショールームでは設備を中心に説明を受けました。スペースの有効活用だとか、新しい技術について見ることができました。
ただ、やっぱり最新の設備って高いんですね....。リフォームにはお金がかかるんだなあと実感しました。介護だとか家族構成の変化で設備の改修を必要に迫られることもあるかもなあと考えながら見学してました。

④ギリギリでレポートを提出

結局なかなかレポートに手を付けられず、会社が休みの年末年始に仕上げて締め切りぎりぎりに提出しました。もっと資料や写真を揃えておくべきでした。素材が少ないとレポート書くのが大変になる。

そんなに条件の難しい課題じゃなかったんですけど、他にもやりたいことややるべきことがあり。

無事に受理してもらえたので後はペーパーテストの試験を受けて合格点が取れれば単位がもらえます。

〈スポンサーリンク〉