読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくもくパワー!

もくもく。かちゃかちゃ。注意力3万の事務屋。アイコンのような仕事はしてないよー。ブログ楽しい。

いつの時代も若者を悩ませることわざ「石の上にも三年」

働くこと

 

ゆとり世代を悩ませることわざ「石の上にも三年」

f:id:mokumokupower:20160723094435p:plain

わたしは、新卒で入った会社を一年数か月で退職しました。

「石の上にも三年」ということわざは今ゆとり世代にとって最も悩ましいことわざのひとつだと思います。三年続けなければ、やったことにはならない。三年持たないようでは何しても同じ。やめ癖が付く。こらえ性がない。これだからゆとりは。

ネットでもリアルでもよく聞きますね。呪詛だと思います。

ほんとにしんどい、耐えられない、というのであれば、他にやりたいことが見つかった、というのであれば辞めてもいいと思いますよ。確かに履歴書に傷が付きます。転職先はもといた会社よりも規模は小さくなることが多いです。

だとしても。「定年まで勤める気はないね。絶対無理だね。でも転職で不利になるみたいだから三年間は何とか耐えきろう!」と耐え忍ぶのはマジで無駄だと思います。その耐え忍んだ日々は辛さに見合った評価をしてもらえるんでしょうか。報われるんでしょうか?

今日より若い日はないです。若さは必ずなくなってしまう財産です。一歳でも若い方がやり直しが効くし、だいたい三年耐えたところで身に付く技能はたかが知れてるんじゃないですか?2年目と3年目でそんなに仕事が変わりますか?

一年間なら根拠はある

一年間耐えしのぐことができれば、雇用保険の失業等給付が受けられるようになります。職業訓練も受けられるようになります。お金をもらいながら、学校に通って、仕事の勉強をすることができます。(雇用保険の給付が受けられない人でも受けられるタイプのものもあります)会社によっては一年以上の勤務で退職金が出ることもありますね(たいしたことのない金額だとは思いますが)

一年間は我慢したほうがいい、というアドバイスであれば明確な根拠がありますが、石の上にも三年にはハッキリした理由が見当たりません。転職市場で経験の目安になってることぐらいでないでしょうか?

三年続かなくても生活はできます。自立できます。

仕事にありつくこと自体はそこまで難しくありません。

会社の規模や知名度にこだわらず、世間体に気を病まなければ。見栄を張らなければ。こだわりや見栄を捨てると選択肢が一気に広がりますよー。視野の広い人ほど人生たのしめるだろうな、と思っています。

貴重な若さと健康を大切に。

転職のリアル転職経験者が伝えたい”後悔しない”転職活動の方法【電子書籍】[ 転職OB ]

価格:100円
(2016/9/21 21:32時点)
感想(0件)

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク