読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もくもくパワー!

もくもく。かちゃかちゃ。注意力3万の事務屋。アイコンのような仕事はしてないよー。ブログ楽しい。

あなたと私の黒歴史【おのれの不運を嘆くがいい!】

気になること

 

わたしの黒歴史【意味不明なオリジナルアイテムの錬成】

確か小学校の4~5年生の時だったと思います。私は平座金(どっかの道ばたから拾ってきたやつ)をランドセルに着けてました。

f:id:mokumokupower:20161007200528j:plain

※これが平座金。見れば「あーこれね。」ってなるやつです。

意味が分かりませんよね。

大きい平座金と小さい平座金の二つに黄色い紐に通して、ランドセルの側面のキーホルダーを取り付ける部分(本来は箸袋や給食袋をぶら下げる箇所)にキーホルダーがわりに括り付けていました。ランドセルを背負って歩くと二つの平座金がぶつかってキンキン音を立ててました。

なんでこんな行動をしていたのか、過去の自分が全く理解できません。

頭がどうにかしていたんでしょうか。

アニメや漫画に出てくる、特別なアイテムのつもりだったんだと思います。自分だけが持っている、自分だけのオリジナルアイテムのような.......。

これが私の中二病発症時の黒歴史です。始まるのが早かったぶん、中学に入る頃にはだいぶ軽度になっていました。一回罹患して免疫がついたのでしょうか。

今でも平座金の画像を見ると心が疼きますね......。呻きたいような、恥ずかしいような。

同級生の黒歴史【ゲームのキャラクターに心酔】

中学時代。たくさんの同級生たちが中二病にかかり始めます。

なかでも強烈だったのが、自分の机に「おのれの不運を嘆くがいい」とでっかく書き込んでいた同級生。※シャーペンで書いてました。マジックで書いたりしたらさすがに先生にぶっ飛ばされます。

これも意味が分かりませんよね。

その同級生に代わって説明します。自分たちが中学生だったころ、「テイルズ オブ シンフォニア」という、コナミからでてるゲームが大流行していました。テーマ曲もみんな知ってたし、ゲームをプレイしてる子も多かった。私も兄弟たちもやりこんでました。大ヒットしたので、続編のソフトも作られたくらいです。

多感な時期にプレイしたせいか、クライマックスのシーンでは泣きましたねぇ。重いシーンもけっこうあります。深いです。でも、いろいろ考えさせられて感動しました。

【中古】 テイルズ オブ シンフォニア /PS2 【中古】afb

価格:298円
(2016/10/7 20:20時点)
感想(1件)

アフィリエイトの正しくないやり方。これがそのゲーム。同年代の人には刺さるはず。

この作品の登場人物に「クラトス・アウリオン」というキャラクターがいます。ニヒルでクールな性格の傭兵で、実は四大天使の一人で主人公の父親、という中二心を派手にくすぐる設定です。ビジュアルも声も技も魔法も超絶かっこいいんです。

悠久とも言える時を過ごし、苦悩を抱えて世界を見てきたクラトスにはたくさんの名言があるのですが、話が脱線するのでこの記事では言及しません。

このキャラクターの戦闘終了時の決め台詞が「おのれの不運を嘆くがいい!」なんです。

同級生が机に「おのれの不運を嘆くがいい」と書き込んでいたのはこのためです。クラトスに憧れていたんですね。

この同級生のほかにもカンペン(金属製のペンケース。机から落とすとガッシャーンとうるさいので、近隣の中学では使用禁止になった)に「ダチ最高」「仲間最高」「仲のいい同級生の名前」とかをマジックで書いたりしてる人や、通学鞄のフタの裏面に「好きな歌の歌詞」とかを書き込んでいる人がいました。

今の中学生も同じようなことしてるんでしょうか。

 

あなたの黒歴史はなんですか?

 

この記事を書くために一番がんばったことは平座金のフリー画像を探すことです。

黒歴史といいつつ、中二病の話になりました。

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク